awswakaran.tokyo #2@ドリコム を開催しました

本日 2019/09/25 に awswakaran.tokyo #2 をドリコム様にて開催いたしました。

awswakaran-tokyo.connpass.com

f:id:euxn23:20190925205641p:plain

awswakaran.tokyo って?

イベントの connpass を引用すると、こんな感じです。

アプリケーションエンジニアであれば、片手間で AWS を使うことや、「なんとなく」の理解のまま AWS でインフラを管理し続けてしまっているケースを見かけることや、自身がそうなってしまっているケースは度々見ることがあります。 S3 全公開や ECR 全公開……は流石に対処しているかたが多いかもしれませんが、「これで塞いだ気になっていた」とか「やった気になっていた」というケースや、 VPC や IAM の設定が大胆なものになってしまっていることは頻繁にあります。

awswakaran.tokyo は、そんな「なんとなく」で AWS を使っている中で踏んだ罠や事故を糧に、少しでも「ただ構築するだけ」より先のインフラ管理の方法論を共有する場を作りたいという思いで誕生しました。

「なんとなく」の理解からもう一歩進んだ、「よりよい」 AWS の使い方を、アプリケーションエンジニア/インフラエンジニア双方の立場から学ぶ場を目指し開催しています。

ざっくりいうと、 AWS を雰囲気で使っている人の知識の偏りをなくすことが目的の勉強会という感じです。

自分が、他人が踏んだ地雷とその対処法などを共有することによって、集合知的に界隈全体が同じ轍を踏まずに済むようになることを目的としています。

第二回について

今回は第一回の評判を受け、少し大きめの規模で開催いたしました。

会場は AWS をバリバリ使っている株式会社ドリコム様の目黒の会場をお借りさせていただきました。
Twitter での何気ないツイートに対して数分で反応いただき、当日の会場設営までいただいた株式会社ドリコムの皆様、本当にありがとうございました!

今回は最終的には64名の動員となりました。awswakaran.tokyo としては、キャンセル数が増えたことは AWS を理解した人が増えたということなので良い傾向かもしれませんね。

セッションの内容について

今回はフル・ショート含めて 5 つのセッションが行われました。

「なんとなく」使うクラウドから「ちゃんと」使うクラウドへの入門 by @kuro_m88 さん

そのコンテナ化、本当に嬉しいですか? by @euxn23

Amplify Console 誕生以来本番運用しつづけてわかったこと by @potato4d

大規模障害から見えたAWSのバックエンド by @varusan さん

Atlantis + Terraform で実現するAWSインフラGitOps by かたいなかさん

https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/atlantis-terraform/

日々の業務で多忙な中、セッション登壇にご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

また、ショートセッションの追加枠にもご対応いただき、ありがとうございました!

次回の開催

次回の awswakaran.tokyo は来年 3 月の開催を予定しています。年度末ということで、例えばこんなセッションをお持ちの方はぜひ運営スタッフへとお声がけください。

また、年末にはささやかな忘年会の開催も予定しております。10人程度の小さなイベントとなりますが、こちらもご興味のあるかたはご参加ください。